『おいしさギッシリ!!』の巻

 

  テルコおばあちゃんから送られてきました

 

  ヒナ「ヤッター、おいしいものがギッシリだ」

  店長「このところ野菜が高いので大助かり、     

     シーちゃんちの分もあるから選んでね」

  シー「群馬の野菜、どれも新鮮でおいしそうですー」

  大家「段ボールの中身を見ただけで、

     もう一杯やりたくなっちゃった」

  一同「テルコおばあちゃん、ゴチになります!」

 

  なお、来週は「秋の旅行」のため、

  次の更新は9月30日(金)になります。

- - -
『「いいこと日記」ちょっと出し』の巻

 

  この日記帳なら1年書き続けられます!

 

  店長「今回は、2017年版『いいこと日記』の

     6・7ページをご紹介することにしました」 

  大家「色々なつけ方が分かりやすく説明されてるね」

  シー「店長とじっくり相談して、1年書き続けられる

     工夫のあれこれを作例として作ってます」

  ヒナ「へぇー、このページはシーちゃんの字だったんだ」

  大家「あれ、ヒナちゃんMCなのに知らなかったの?」

  ヒナ「メンボクない……」

  店長「でもヒナちゃんのいない『いいこと日記』は

     考えられないから、これからもヨロシクね」

  ヒナ「今日の店長、珍しく優しい……」

- - -
『ヒナちゃん手ぬぐいで甚平さん』の巻

 

  手ぬぐい2本で作れるそうです

 

  大家「おっ、甚平よく似合うじゃん」

  シー「大家さん、ヒナちゃん手ぬぐいで

     出来ているんですよ」

  大家「本当だ。前に『いいこと日記』の記念で

     染めたやつだよね。誰が縫ったの?」

  店長「テニス友だちのケイコさんの作でーす」

  ヒナ「そうだよね、店長がこんなに器用なはずないし」

  シー「シュンシュンも気に入ったみたい。

     ケイコさん、ありがとうございました」

- - -
『ういちゃん、シュンシュンを測る』の巻

 

  夏休み最後に豆台風(笑)がやってきました

 

  シー「ういちゃんとシュンシュンの初対面かわいかった」

  大家「『うわっ、小さっ』が第一声だったね」

  店長「『ものさし貸して』って言ったので何かと

     思ったら、シュンシュンのこと測り始めた(笑)」

  シー「でも、さすが3年生、ちゃんとメモしてました」

  店長「からのケーキ女子会、切り替えの早さはさすが」

  一同「ういちゃん、また遊びに来てね―」

- - -
『「いいこと日記」2017年版出来!』の巻

 

  新しい『いいこと日記』を見る瞬間が幸せです

 

  大家「新しい『いいこと日記』、いい感じに出来たね」

  店長「17年版はモスグリーンとチェックが目印です」

  シー「私も『いいこと日記』をつけ始めて10年、

     いいことがどんどん増えて、書ききれませ―ん」

  ヒナ「今回もワタクシ、ヒナが各月の扉を飾っております。

     毎週のヒナの言葉も役立つはず!!」

  店長「これまでつけて下さった方はもちろん、今まで

    『日記はちょっと』と思っていた方にもおススメです」

 

  9月8日頃から書店の店頭に並び始めます。

  ぜひ手に取ってみてくださいね!

- - -
『またまた撮影会(笑)』の巻

 

  ちょうど100日に「お食い初め」をしました

 

  シー「シュンシュンのお食い初め、皆さまありがとう」

  店長「最年長の大家さんが大役をつとめました」

  大家「いやー、何だか緊張しちゃったよー」

  店長「お食い初めというより撮影会みたいだった(笑)」

  シー「ついついその瞬間を撮りたくなっちゃって」

  ヒナ「ワタクシは、大人用に用意してあった特上寿司や

     ローストビーフのことが気になっちゃって……」

  大家「今回も安定のヒナコメントだね」

- - -
『シュンシュン六本木へ行く…』の巻

 

  にぎやかなところ嫌いじゃなさそうです(笑)

 

  ヒナ「えーっ、いつの間に六本木ヒルズ行ったの?」

  店長「ごめん、ごめん。探してた『おしゃぶり』を

     扱っているベビー専門店がヒルズの中にあったから」

  シー「エルゴでなら連れて行けそうという話になって」

  大家「シュンシュン、にぎやかなのけっこう好きだよね」

  ヒナ「ふーん、でも例の回る寿司屋にも寄ったんでしょ」

  シー「無理かと思ったんだけど、静かにしててくれました」

  大家「ヒナちゃん、今度はみんなで行こうよ」

  ヒナ「やったー、ワタクシもにぎやかなところ大好き!」

  一同「知ってます!」

- - -
『ああチャーハンが……』の巻

 

  大家さんの腕前でもムリでした

 

  大家「残念パラパラチャーハンになるはずが」

  ヒナ「あーあ、ベチョベチョだ」

  シー「いくら大家さんがチャーハン上手でも

     これじゃ仕方ないですね」

  店長「やっぱりガスレンジの修理に来てもらおう」

  ヒナ「どうして今頃?もっと早く頼めば良かったのに」

  大家「前に店長が電話して係の人に来てもらったら、

     その瞬間に点いちゃって気まずかったんだよね」  

 

  ……というわけで、さすがに今回は部品交換して月曜に

  火力復活予定、大家さんチャーハンリベンジよろしくね!

- - -
『店長、「初エルゴ」』の巻

 

  時代は変化しているんですね

 

  店長「シーちゃんから『エルゴ』買いたいから一緒に

   来てほしいと言われた時は何だか分からなかった」

  シー「アメリカ製の抱っこひもなんですけど

     知り合いでもこれを使っている人が多くて」

  大家「店長の時代はおんぶひもだからねー」

  店長「おんぶもだっこもどっちにも良さがあるけど

     顔が見えるのはすごく安心」

  ヒナ「店長、ちょっと母親っぽくみえる(笑)」

- - -
『自分の写真で目が覚めた』の巻

 

  ブログお休み中のことでした

 

  店長「大家さんが新聞を持ってきてそこに載ってた

     自分の顔がパッと見えて目が覚めちゃった」

  シー「タカオおじいちゃんの介護に関する記事ですよね。

  元気だったら今月の6日が誕生日だったのに……」

  ヒナ「でも、テルコおばあちゃんを中心に介護して

     昨年11月93歳、自宅での見事な大往生でした」

  大家「店長が、そのリアルな実録を本にまとめたから

     介護中や不安を抱えている人に読んで欲しいよね」

  店長「時には、悲しさが人を成長させる場合もある…… 

     ということを私も実感しました」

- - -
| 1/40 | >>